早和果樹園 早和果樹園

ホーム

お知らせ

2021.04.02 みかん栽培日記~山中くんの春肥(はるごえ)散布~

寒い冬も越え、暖かい日差しが気持ちのいい季節がやってきましたね。

いよいよ春到来!といった感覚で、1人わくわくしているEC事業課の泉です🌼

そんな今日は、生産部の「春肥(はるごえ)」散布作業に密着してみたいと思います!

「春肥って何だろう?」
と思う方もきっとたくさんいらっしゃると思うので、まず始めに春肥についてご説明。

これが今回散布する春肥の肥料です!

みかんの栽培には、養分を十分に与える肥料の散布が欠かせません。

早和果樹園では、1年間に3回肥料を散布しており、

・春肥(はるごえ)
・夏肥(なつごえ)
・秋肥(あきごえ)

と、季節に応じて呼び名や肥料を散布する目的が変化していきます。

今回ご紹介する「春肥(はるごえ)」は、その名の通り春・3月頃に散布する肥料。

4月に発芽の準備を始めるみかんは、4月までは、前年に蓄えた秋肥の養分を元に生育しますが、地面が温かくなるにつれ、さらに養分を欲するようになります。

そんな時に活躍するのが、春肥で散布した肥料です!

この肥料は4月~5月に樹に吸収されていくので、秋肥からの肥料の効果を途切れさせることなく、みかんの生育に力を与えるパワーの源となります。

春肥はみかんの生育にとって、とても重要な役割を担っているんですね😊

今回そんな春肥を担当するのは、今年の3月に入社した山中君です!

春肥に初挑戦!山中君です😊

冬の繁忙期から早和果樹園にアルバイトとしてお手伝いに来てくれており、みかんの収穫から発送作業、搾汁まで、幅広い業務をこなしてくれていた山中君。

始めから早和果樹園への入社を考えていてくれたそうで、この3月に晴れて生産部として早和果樹園に入社となりました🍊

笑顔が爽やかで好青年!
と密かに人気を集めています😆

そんな山中君の初めての春肥に密着してみたいと思います!

今回春肥を行うのは生駒という園地です
今回春肥を行うのはこんな場所です♪

今回春肥を行うのは「生駒」という園地。

ここは、みかんや清見を栽培している園地であり、今回はみかんに春肥を行いました。

大きなトラックに肥料を乗せて、さぁ園地に出発です!

肥料をトラックに乗せ、園地に向けて出発です!
肥料をトラックに乗せ、園地に向けて出発です!

すごい量ですね。
今回はこの肥料を3人で散布していくようです!

こんな傾斜地で肥料を散布していきます
こんな傾斜地で肥料を散布していきます

トラックから肥料を下ろし、モノラックに肥料を乗せ、こんな傾斜地で肥料を散布するようです。

肥料を散布するのは大変ですが、この傾斜地は美味しいみかんの生育には欠かせない材料なのです。

肥料には、どんな成分が入っているのでしょうか?

ここで今回散布する肥料をもう一度ご紹介。

この肥料には魚粉、なたね油かす、牛骨粉などが入っており、
有機成分が中心の肥料です。

地元の肥料屋さんに配合してもらった、早和果樹園の畑に合わせた特別な肥料なんですよ。

さぁ、準備も整ったところでいよいよ散布開始です!

肥料を手ににぎり、樹の周りにまんべんなく肥料を散布していきます。

いよいよ肥料の散布開始です!
いよいよ肥料の散布開始です!

肥料の入ったかごを肩から下げ、全て手業で行います。

山中君の初めてのチャレンジ。
美味しいみかんが育つよう、丁寧に作業を進めていきます!

とても楽しそうに作業に取り組んでいますね😊

山中君の初めての春肥散布!
とても楽しそうです🍊
山中君の初めての春肥散布!
とても楽しそうです🍊

ここで、山中君に作業の感想を聞いてみたいと思います。

Q. 実際に春肥散布をしてみてどうでしたか?

山中君:春肥をしてみて、ただ肥料をまいて栄養を蓄えさせるだけと思っていたら、大間違い。
作業には必ず理由があり、春肥ももちろんありました。事前に学ぶ機会があり、その内容を実際に作業することで頭の中に落とし込みながら、春肥をしていきました!

Q. 春肥作業で工夫したこと等はありますか?

山中君: 一つ発見したことがあります。肥料は樹の下ではなく、木の周りにまいていきます。効率よく弧を描くようにまくためには、シュッとやってサラッとすると、上手くまけることに気がつきました。これからも精度を上げていきます。と、こんなことも考えれるほど、春肥を楽しんでいます!

事前に学んだことを、1つ1つ落とし込みながら。
そして自分自身、作業をとても楽しんでくれていたようです♪

この日は腕の力をたくさん使ったため、しばらく手がプルプルしていたという山中君。
なでしこ食堂でのお味噌汁をこぼしかけてしまったという小話も教えてくれました😆

最後に、生産部での今後の意気込みを聞いてみました!

Q. 今後の意気込みをどうぞ🍊

山中君: 毎日新しいことばかりでワクワクしています。そしてそれができるようになっていくのがとても楽しい!今回は春肥でしたが、みかんの樹に関わる多様な作業は一つだけで完結するわけではなく、全て繋がっていることが色々な作業を経験していくことで、よく分かります。
今後も繋がりを意識して、みかんの木と向き合っていきたいです!

とても力強い意気込みを頂きました。
そんな山中君がこれから育てていくみかん。
きっと美味しいみかんが出来上がるんだろうなぁと、今からとても楽しみです♪

今後も生産部の皆さんの活動を定期的にお届けしていきたいと思いますので、お楽しみに🍊

最後までお読み頂きありがとうございました。

記事:EC事業課 泉

●この記事を書いた人 泉 果歩

泉 果歩

この人の記事を
もっと見る
コメント
  • 植物たちの手入れは新しい発見の連続ですね!  藤井

    • コメントを頂きありがとうございます♪
      本当に日々発見の連続であり、このブログでもそんな現場の発見をどんどん発信していけたらな、と考えております!
      ぜひこれからも早和果樹園をよろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事をシェアする

Contactお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

0120-043-052

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム