早和果樹園 早和果樹園

ホーム

お知らせ

2021.03.01 毎日新聞で早和果樹園の取り組み(有田みかんの陳皮利用)が紹介されました!

2021年3月1日(月)発行の毎日新聞にて
早和果樹園の取り組みが紹介されました!

内容は有田みかんの皮=陳皮の利用から商品化への取り組みまで。

「和歌山のワザ」というコラムにて詳しくご紹介頂きました。

朝日新聞(2021年3月1日発行)にて早和果樹園の取り組みが紹介されました。
毎日新聞(2021年3月1日発行)にて早和果樹園の取り組みが紹介されました。

早和果樹園は、生産(1次)、加工(2次)、販売(3次)の全てを社内で手掛ける”6次産業化”を行っており、みかんの付加価値を上げるために様々な取り組みを実践しています。

有田みかんの皮の利用はまさに代表的な例であり、みかんの皮への需要を見出してからは様々な苦悩を経て、商品化にまで展開してきました。

有田みかんの皮粉末の販売をはじめ、ここ最近では、社内で「商品開発プロジェクトチーム」が発足し、有田みかんの皮を利用した”みかん茶”なども販売を開始しています。

「みかんの価値を上げるために自分たちに何ができるのか。」

その信念を第一に、これからも様々な取り組みを実践してきたいと思います。

最後までお読み頂きありがとうございました。

記事:EC事業課 泉

●この記事を書いた人 泉 果歩

泉 果歩

この人の記事を
もっと見る
コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事をシェアする

Contactお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

0120-043-052

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム