早和果樹園 早和果樹園

ホーム

お知らせ

2020.09.10 生産部マルチシート、敷くってよ。

みなさん、始めまして!早和果樹園生産部3年目の久保です!

皆様、暑い日が続きますがいかがお過ごしでしょうか??
生産部は本日も意気揚々と仕事に取り組みます!!
今月の主な仕事は摘果(実をちぎること)、水やり、マルチシートの被覆を主にやっていました。

今回、こちらの畑にマルチシートを敷いている様子をお届けしたいと思います♪

園地の画像
マルチシートを敷いていく畑

ところで、マルチシートって???

美味しいみかんが作りやすくなる地面に覆い被せるシートになってます。
みかんは雨や水が入りすぎてしまうと水っぽくなり、甘みが薄く皮の厚いみかんが出来上がってしまいます。
マルチシートを敷くことで根っこからの水分の吸収を防ぎ甘みの強い果実ができるというわけですね。
その他にも真っ白いシートだから太陽の光が反射してみかんの着色を早めることができたり、雑草を抑えることができたりといいこづくしのシートでございます♪

ここで疑問??
水を遮断しちゃうと木が枯れちゃわない??

大丈夫です!!
一枚目の写真の下のほうに赤い矢印の先に黒い太線がみえるでしょうか??
こちら、みかんの根元に黒いチューブが通ってるのが点滴(ドリップ)チューブと言います。
こちらから水を与えることができる仕組みになっていて木が乾燥によって枯れてしまうことはございません。
これらのマルチシートとかん水チューブの仕組みをマルドリと言います。

【マルドリ栽培について詳しくはこちらから】
https://sowakajuen.com/html/marudorimikan.html

では、様子を見ていきましょう!!!!

こちらの1.5mのマルチシートを敷いていきます。
古田さんは身長180cmありますが首元にまで迫る大きさ!
早速、畑に敷いていきましょう!!

トイレットペーパーを引くように引っ張っていき…丁度いいところでハサミでスーッと切っていきます。

そしたら風でマルチシートが飛ばされないように木の根元に二箇所、木と木の間にピンを地面に差し込んで固定していきます。
見えにくいかもですが、下の写真の赤丸の部分に打ち込んでいきます。
これら一連の作業を繰り返していきます。

ここまでサラッと書いてますが気温が30℃超えてる中、立ち上がったりしゃがんだりととーっても大変。
一通り敷き終わったら、最後にシートの端に重しを置いて終了となります。

入社3年目、久保がシートに重しをおく画像
シートを敷く前の画像
before
シートを敷き終わった画像
after

畑にマルチシートが全面に敷かれました!
こちらの畑には点滴チューブもありますので水分のバランスもコントロールできるとなったわけです。
冬にはこちらの畑から糖度12度以上のみかんをたくさん収穫しお客様の元へ届けられるように日々、取り組んでいきます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
以上!生産部 久保豊、現場からお届けしました!!

●この記事を書いた人 久保豊

久保豊

この人の記事をもっと見る
コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事をシェアする

Contactお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

0120-043-052

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム