早和果樹園 早和果樹園

ホーム

お知らせ

2019.10.30 みかん栽培日記~太田くんの出来栄えチェック~

早和果樹園は生産・加工・販売すべてを手がける有田みかんの6次産業の会社。 こちらではその中でもみかんの生産(栽培)に携わる生産部の栽培情報をお届けします。 生産部の平均年齢は25歳。 若い生産部が頑張る姿に、ご注目下さい。

早和果樹園生産部一同
早和果樹園生産部一同

さらに、早和果樹園生産部のみかんの予約販売も実施中!
販売するみかんは早和果樹園の中でも特別に美味しいみかんができる畑「新林(しんばやし)」のみかんです!
受付もいよいよ残り1日となりました♪

生産者の顔が見えるみかん販売開始
クリックで販売ページへ

ページ下部にも販売リンクがありますので、みかん栽培日記を見た後、ぜひ、ご注文くださいませ~♪

ではまず栽培日記から!

今日はいよいよ収穫まで1ヶ月ほどとなってきました、新林のみかんの出来栄えを見ていきましょう。

みかんの出来栄えチェック

今日の主役は太田主任。
生産部歴4年を迎え、この10月に主任となりました!
この夏に結婚もしまして、まさに公私ともに充実の男です。

さぁそんなノリにのっている太田くんと、新林のみかんを見回りましょう♪

みかん畑を降りる太田君

相変わらずの急傾斜。下の道の方をみると大変な角度。
見回りをするのも大変です。
ただこの急傾斜が美味しいみかんを作り出すので、むしろ太田くんウキウキと降りていきます。

有田みかんの樹

さて、みかんの樹は・・・しっかりと色づいてきています♪
今は「黄色」という感じですね。
この色が濃厚なみかん色になったときが完熟の時期となります。

みかんの樹の外側

さてちょっと近寄ってみまして、樹の外側は色づきが始まっていますが、

みかんの樹の内側

樹の内側はまだまだ緑色。
樹の場所によって色づきはぜんぜん違うんですね。

有田みかんを見る太田

樹の状態を確認した太田くん。
今年の収穫期はどのぐらいになりそうでしょうか?
太田主任:「新林は比較的標高の高いところにあることもあり、例年の収穫期は12月中旬になることが多いです。昨年の熟期は少し早めでしたが、今年は例年通り12月に入ってからになりそうです!」

なるほどですね。今年の皆さんへのお届けは現状では12月に入ってからの予定となります。(あくまで目安となりますのでご参考までに。)

さて、少し早いですが、お味の方も確認してもらいました。

生産者太田君お味見

畑で採れたてのみかん!生産部の特権です♪
太田くん、お味の方はいかがでしょう?

太田主任:「まだ早いので酸味も残っていますが、甘くて良い味わいになっています。新林のみかんは数字に出る糖度以上にうまみを感じるみかんになっているので、完熟したときの濃厚な味わいを皆さんにも食べていただきたいです!」

生産者太田君の笑顔!

新主任のお墨付き&素敵な笑顔いただきました♪
ぜひ皆さん、新林のみかんご予約下さいませ(*´∀`*)
太田主任、ありがとうございました!

さて、いよいよこの急傾斜で生産部が一生懸命育てた「新林」のみかんの予約が、残り1日となりました。

この新林という園地には、みかんが美味しくなる要素がぎゅ~っとつまっています。
詳しくは販売ページを覧ください!
下記画像をクリック♪

早和みかん新林はこちら
画像をクリック!

明日、10/31までの予約販売です♪
ぜひ皆さんご注文、お待ちしております!

最後に本年度の生産部とみかんの1年について

みかん栽培をてがける生産部の写真
みかん栽培スケジュール

新しい2人が入り、さらに生産部のメンバーが若返りました。
平均年齢25歳!!
もちろん技術はしっかりと受け継いでいきます。

今年も生産部のみかん栽培をどうぞよろしくお願いします。

ご購入はこちらから
https://sowakajuen.com/SHOP/757951/1113483/list.html

今日はここまで。
最後までお読み頂き、ありがとうございました♪

記事:藤原

この記事をシェアする

Contactお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

0120-043-052

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム