早和果樹園 早和果樹園

ホーム

お知らせ

2024.02.26 和歌山県の有田みかんの直売所 早和果樹園 をご紹介いたします

皆さん、「有田みかん」はご存知ですか。


スーパーなどでも、よくお目にしたことがあるのではないでしょうか。
そんな有田みかんに特化した
和歌山県有田市の早和果樹園本社1階にある、小さな有田みかんの直売所。


どんな直売所なのか、魅力がたっぷりあるので収まりきらないのですが、
直売所(早和果樹園本社店)スタッフの山本がご紹介いたします。

1.何があるの?

みかん直売所(早和果樹園本社店)には、生果のみかんもあれば、
みかんを使ったジュースやゼリーなどの商品もあります。

すべて、この地域で育った「有田みかん」。

どれも、自信とこだわりのある、想いの詰まった「有田みかん」にまつわるものが揃っています。

「お店で一番人気のジュース3種類。糖度によってわかれています。」

2.いつからあるの?

今ある直売所は、「早和果樹園本社店」として、2018年10月にオープンしました。

もともとは、今ある場所から徒歩5分ほどのところで販売を行っておりましたが、
2018年の新社屋完成をきっかけに、直売所も新しくオープンとなりました。

また、早和果樹園本社店オープンからの周年イベントも、年に一度10月に開催しております。

「2023年10月に5周年を迎え、素敵なプレゼントが当たるガチャガチャを企画しました」

3.なぜできたの?

直売所(早和果樹園本社店)は、
お客様に直接美味しい「有田みかん」をお届けけしたいという想いから、できました。

早和果樹園は、
「にっぽんのおいしいみかんに会いましょう」というスローガンをもとに、
「一人でも多くの人においしい有田のみかんを届けたい」という想いで、今も続いています。

生産から加工、販売まで一貫して行う6次産業に取り組む「株式会社 早和果樹園」のなかで、
お客様とつながりふれあうこと、
一人でも多くの人に、みかんを通して笑顔になっていただくことを使命に、
直売所では、商品の最後の砦として、日々取り組んでおります。

「早和果樹園の創業者 秋竹新悟。今も代表取締役会長として、社内社外問わず人気者です」

4.どんな人がいるの?

直売所(早和果樹園本社店)には、
20代から40代の、幅広い世代のスタッフが和気あいあいと、
お越しくださるお客様をお迎えしております。

楽しみながら、みかんと向き合い、
みんなで直売所を作り上げています。

ちなみに、直売所がオープンする前までは、
おばあちゃんたちがスタッフをしていたとか。

今も現役で仕事をされている元気いっぱいのおばあちゃんたち、またご紹介させてください。

「直売所(早和果樹園本社店)のスタッフ。毎日和気あいあい賑やかです」

5.どんな人が来るの?

直営店(早和果樹園本社店)には、
近隣だけでなく、遠方からもお客様がたくさん来てくださいます。

ちょっとしたプレゼントや季節の贈り物を求めて来てくださる地域の方、
旅行のなかで立ち寄ってくださる方、
みかんや商品を求めて、関西圏にとどまらず、関東などからも直接きてくださる方、
ありがたいことに、様々な目的で多くのお客様に来ていただいております。

「2024年5月に開催した【期間限定テイクアウトカフェ】の様子です」

6.どこにあるの?

直営店(早和果樹園本社店)は、
和歌山県の真ん中あたり「有田市」という地域にあります。

この地域では、歴史ある「有田みかん」を代々引き継ぐみかん農家さんが
若手の方も含め、今もなおたくさんいます。
四方をみかん山で囲われ、
田舎ならではの空間と空気が感じられる素敵な空間です。

大阪からは電車で2時間ほど、
車では、1時間半ほどです。

最寄りのJR紀伊宮原駅からは徒歩15分、
近くの有田ICからは車で10分ほどです。

https://maps.app.goo.gl/kbZ53fdPgfcvBUJg7

7.これからどのようになっていくの?

「一人でも多くの人においしい有田のみかんを届けたい」
という想いのもと、これからも進化していきます。


また、最新の情報をブログ等でも更新してまいります。


面白く楽しい情報もお伝えしていきたく思っておりますので、
ご覧いただけると嬉しいです。

●この記事を書いた人 山本 瑞稀

山本 瑞稀

この人の記事を
もっと見る
コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

この記事をシェアする

Contactお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

0120-043-052

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム