早和果樹園 早和果樹園

ホーム

お知らせ

2022.01.22 わかやま農業MBA塾にて講演を行いました

こんにちは。社長の秋竹です。

1/21、和歌山の若手農業後継者があつまる勉強会、「わかやま農業MBA塾」にて一コマいただき、お話させていただきました。

わかやま農業MBA塾とは、和歌山県が主催する「和歌山の農業を背負って立つ次世代経営者」に向けた研修制度です。農業経営のプロになるための実践的な経営プログラムを提供しています。

わかやま農業MBA塾→https://agri-innovation.jp/wakayama/

MBAは、Master of Business Administrationの略で、主に経営学修士のことを指します。私が今、同志社大学大学院で取得を目指しているやつですね。なのでこのMBA塾は、農業者経営者版の経営学入門みたいな感じです(多分)。

現在は第4期のメンバーだそうで、20人程度所属しているとのことです。今回は主催者側に、「組織づくり」について話をしてほしいとご依頼を頂いたので、当社の実際の組織マネジメントを中心としたお話をさせていただきました。

スライドの一部

話の中の、1枚のスライドです。弊社は今、約90人の常勤スタッフがおりますが、会社組織としてどの位置に存在するかをこのようなスライドでお話しました。うちは今第3段階くらいかな。段階により、マネジメントが変わってきます。参加者のみなさんは今、どの位置なんだろうね?などとお話させてもらいました。

講演70分のところを安定のオーバー(77分かかった・・・)。その後質疑応答を経て、講演は終了。

地元なので知った顔もちらほらおり、なんだか落ち着いてしゃべることができました。

若手農業経営者が増えることは日本においてとても重要です。みんな、規模拡大を目指して頑張って欲しいものです。

●この記事を書いた人 秋竹俊伸 社長

秋竹俊伸 社長

この人の記事を
もっと見る
コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事をシェアする

Contactお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

0120-043-052

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム