早和果樹園 早和果樹園

ホーム

お知らせ

2020.11.10 生産部が栽培する畑「新林」に肥料をやります
有田みかん,急傾斜,段々畑
今の新林の様子

みなさんこんにちはEC事業課青山です。

本日の生産部栽培日記は「秋肥」についてご紹介します。
秋肥とは10月下旬ごろにみかんにあげる
肥料のことで「あきごえ」と読みます。

秋肥は5月から果実をならし、成長させてきた樹に養分を与え
元気を取り戻させること、これから来る寒さに備える体力を
付けさせるための最も大切な作業です。

有田みかん
今回作業を行う橘くん

今回作業を行うのは入社2年目の橘くん。

肥料をトラックに積みます
トラックで肥料を運びます。

トラックに肥料を積み込み新林まで到着しました。
大量の肥料を積んでいます。

和歌山県が温州みかんの栽培で
推奨している秋肥の施用量は
窒素成分が10アール当たり10kgです。

新林の広さが60アール。散布する肥料の窒素成分量が8%
なのでこの畑だけで40袋。800kgの肥料を散布します。

窒素とは肥料の3要素の1つで植物にとって
最も大事な栄養素の1つです。

窒素は空気中に多く存在しますが、
みかんの木を含む多くの植物が
空気中の窒素を利用できないので

肥料として土に散布し、微生物による
吸収、分解などの過程を経て植物の体内に
吸収されます。

肥料をモノラックに積みます
モノラックに積み込みます

肥料をモノラックに積み込みます。
落ちたら大変なので慎重に。

肥料を畑に運びます
モノラックを使用して肥料を運びます

急傾斜の畑ではモノラックという乗り物を使用し
コンテナに積んだみかんや肥料を運びます。

みかんに与える有機肥料
みかんに与える肥料です

これが秋肥です。魚粉、なたね油かす、牛骨粉などの
有機成分が中心の肥料です。
地元の肥料屋さんに配合してもらった
早和果樹園の畑に合わせた肥料です。

みかんの樹に肥料をやる橘くん

作業は簡単。まくだけです。合計40袋を3人で
散布するのに4時間かかりました。

作業が終わりました

◯作業の感想をどうぞ
橘:新林は広くて急傾斜の畑なので、肥料を抱えて
  歩き回るのはとても大変です。
  来年もおいしいみかんが実ってくれる
  ように肥料を散布しました。

◯今年の新林のみかんはどうですか?
橘:新林は急傾斜のため元々水はけが良い畑
 ですが、今年は夏場の乾燥がきつかったので
  いつもより味が濃縮されていると思います。
  おいしいものをお届けしますのでもうしばらく
  お待ち下さい。

新林のみかんの様子

新林みかんの収獲はまだ始まっていませんが
来年もおいしいみかんができるよう準備は
着々と進んでいます。

来年は8月中旬頃から新林みかんの予約受け付けを
予定しております。お楽しみに!

画像をクリックで冬みかん販売ページへ

本年の新林みかんの予約販売は終了しましたが、
冬のみかん「味こいみかん」「味まろみかん」の予約は
まだまだ受け付けております。

有田みかんを産地直送でお届けします。
まずは画像をクリックして紹介ページを
ご覧ください。

最後までお読み頂きありがとうございました。

●この記事を書いた人 青山 航大

青山 航大

この人の記事をもっと見る
コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事をシェアする

Contactお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

0120-043-052

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム